FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールならでは

5日間ポカラにいて、昨日カトマンズに帰って来た。
留守中貫田宗男君がカトマンズに来たが、その時は会えず、日本から「毒ガス都市カトマンズ云々」というメールが彼から届いていた。
ああ、それなのにカトマンズの人たちは誰もこの空気の悪さに音をあげない。
そういえば制憲議会は、新憲法制定を再々再々延長した。
一年延ばして三か月延ばし、また三か月延ばし、今回は六ヵ月延ばした。
それでも国民は黙っている。
誰しもがお金お金で、目先のことに追われ、それ以外のことには関心を示さないといった感じだ。

カトマンズの街の中を、群れをなして走り回っているオートバイのヘルメットをかぶった若者たちは、ほとんど無表情のように見える。
蟻の軍団のようだ。
今やその数40万人だという。
それが、これもラッシュで渋滞する自動車と自動車、そして満員バスの間を縫って道路を埋めつくしている。
皆それぞれ用事があっての往来なのだろうが、それにしても朝から晩まで、この小さな街で何がそんなに人々は行き来しなければならないのだろうか。
この人たちのエネルギーが秩序だった国の開発に向かってもらいたいと思う。

ポカラではポカラ計画の第一歩であるホテル敷地とロープウエイの上下駅の土地の手当てができた。
これで計画の道が開けたことになる。
次はロープウエイ設置認可と建設資金をどうするかにかかわることになる。

「宮原さん大丈夫なの」

回りの人が心配してくれている。
老いの一徹なのか、ここは一考してみる必要もありそうだが、かといって、どう計画を進めるかは考えてみるが、中止というわけにはいかない。
ともかくやれるだけのことはやってみようと思っている。

あれやこれや,すべてが許されるのはやはりネパールだからであろうか。
スポンサーサイト

コメント

日本がなすべきこと

ネパールは今の政治家には国を託せません。若者が出なければダメです。
日本はODAなんかでお金を出すのを止めて、ネパールの若者を育てるお手伝いをすべきです。ネパールにも骨のある若者はいるでしょう。30~40人でいいから日本へ連れてきて、明治維新をやりとげた日本の若者がやったことを学ばせ、徹底的に志を鍛えてやることです。それ以外に日本ができることはありません。
今や日本も落日の国です。最大の成長産業がゲーム・ソフトを作る会社となってしまったのです。カトゥマンドゥでバイクを乗り回す若者と、携帯電話に背中を丸めこんでゲームにのめり込んでいる日本の若者の姿が重なって見えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miyaharablog.blog2.fc2.com/tb.php/92-820df029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

宮原巍

Author:宮原巍
ネパールに住んで45年。
1934年、長野県青木村出身。
1968年トランス・ヒマラヤン・ツアー社(カトマンズ)、1969年ヒマラヤ観光開発株式会社(東京)を設立。その後、ホテル・エベレスト・ビューとホテル・ヒマラヤ・カトマンズを建設。
長年ネパールの観光事業に携わり、ついにはネパールの国籍を取得。
著書に『ヒマラヤの灯火』(文藝春秋刊)、『還暦のエベレスト』(山と渓谷社刊)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (29)
ネパールの政治 (109)
ネパールの観光 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。