FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治の話に少し戻って

ネパールの政治の話を書こうと思っただけで、一瞬気持ちが暗くなる。なぜか?
国民不在の権力闘争に明け暮れする政治にうんざりしているからであろう。
そこで。ポカラの話を数回にわたって書いた。
だが、これからいろいろなことを考えていく上でも、政治は避けて通れないことなので、時々は政治の話を入れたい。
ということで、今回、数回ネパールの政情を書いた後、次は、私たちの政党「ネパール国土開発党」の考えをもとに私流のネパールの未来像を数回のわたって書くといったかたちで、政治の話とそうでない話を交互にしていきたい。

首相マダブ・K.. ネパールが辞任することを条件に毛派は制憲議会延長に同意したのであったが(それは表向き、実は延長を一番望んでいたのは毛派)5日以内の辞任とか何とかいっていた話は、それがないままにそれから20日間が過ぎた。
ただ、私は、マダブ・ネパール首相は毛派の主張を入れて辞任すべきではないと思っている。
彼がいう毛派の暴力団的行為(首相がこの言葉を使っているわけではない。宮原が使っているだけ)をすべて止めることが先決であり、それが条件だという主張に同じ思いを持つからである。
今ネパールは、幾つかある政党の中で、毛派だけが兵士をもった政党として認められ、その兵士の経費を政府が負担している。
これほどの矛盾が世の中にあるであろうか。
まったく“冗談じゃない”ということなのだが、国連もヨーロッパの一部の国などは(たとえばノルウエー)、それの後押しをするみたいなことをしているのだから呆れてものも言えない。
ネパール人の政治だけが悪いわけではない。

それにしても、やはり問題はネパール人にある。
今ネパールの政治は,二重の権力闘争に揺れている。
一つは三大政党の政党間、一つはその三大政党の政党内。
同じ政党内でも相手の引き下ろしが画策され、マダブ・ネパール首相もそのことによって辞任をせざるを得なくなることも考えられる。
毛派においては党首プラチャンダでなく二番手バブラム・バッタライを首相にという声もあり、会議派はパウデル(党首)かデウバ(首相経験者)のどちらかということで、まあ,いうなれば国民そっちのけである。
それなのに国民は次の選挙でも、同じ人たちを選ぶであろう。
ヒマラヤ観光開発のビジネスは、いろいろなことに翻弄されるので大変である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miyaharablog.blog2.fc2.com/tb.php/18-7d5855c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

宮原巍

Author:宮原巍
ネパールに住んで45年。
1934年、長野県青木村出身。
1968年トランス・ヒマラヤン・ツアー社(カトマンズ)、1969年ヒマラヤ観光開発株式会社(東京)を設立。その後、ホテル・エベレスト・ビューとホテル・ヒマラヤ・カトマンズを建設。
長年ネパールの観光事業に携わり、ついにはネパールの国籍を取得。
著書に『ヒマラヤの灯火』(文藝春秋刊)、『還暦のエベレスト』(山と渓谷社刊)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (29)
ネパールの政治 (109)
ネパールの観光 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。