FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出

盛夏の砌 皆様には如何お過ごしでしょうか。
私には、夏は七月下旬からお盆頃までといった思いがある。この間、夏の気分がみなぎりそれは生へのノスタルジ-ともなっている。今カトマンズは雨季の真っ最中である。その雨の切れ間に緑濃い木の葉に照りつける強い日差しは、これも夏の風物詩の一つだと私は感じている。

だが政治は新鮮な輝きを全く失っている。国民は愚痴を言うがそれもすでに馴れっこうになってしまって、なるようになれといった雰囲気だ。
政府はあいもかわらず小田原評定を繰り返している。敵が攻めてくるわけではないので一層始末が悪い。そのいきさつを書くのも今日のところは億劫だ。

ヒマラヤ観光の念願であったポカラ計画 (ホテルとロプウエイ計画)はワ-ルド航空の菊間社長(日本旅行業協会会長)の協力を得て漸く前進する気配である。アルパインツアーとユーラシア旅行社も協力の姿勢を見せてくれている。この計画も早くしないと、私の年令が年令だけに実現が難しい。夏を思う情熱でこの仕事に向かいたい。
スポンサーサイト

コメント

ポカラのホテル計画前進!

ポカラのホテル建設計画が前進の気配とお聞きし、胸が躍りました。
ヒマ吉も年ですからいつまでネパール旅行ができるかわかりません。ロープウェイに乗れる日が一日も早く来ることを心から祈っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miyaharablog.blog2.fc2.com/tb.php/110-b3243d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

宮原巍

Author:宮原巍
ネパールに住んで45年。
1934年、長野県青木村出身。
1968年トランス・ヒマラヤン・ツアー社(カトマンズ)、1969年ヒマラヤ観光開発株式会社(東京)を設立。その後、ホテル・エベレスト・ビューとホテル・ヒマラヤ・カトマンズを建設。
長年ネパールの観光事業に携わり、ついにはネパールの国籍を取得。
著書に『ヒマラヤの灯火』(文藝春秋刊)、『還暦のエベレスト』(山と渓谷社刊)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (29)
ネパールの政治 (109)
ネパールの観光 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。